愛知県小牧市の三宝堂佛檀店です。小牧市を中心に近隣の市町村にも年中安心価格にてご提供させていただきます。
《株式会社三宝堂仏壇店》///昔も今も信頼の三宝堂///
愛知県小牧市の三宝堂佛檀店です。小牧市を中心に近隣の市町村にも年中安心価格にてご提供させていただきます。
三宝佛檀店はこんなお店ですお仏壇はこころの故郷見直されるお仏壇の役割家族の絆とお仏壇
感謝各宗派のご本尊お仏壇の種類お仏壇の安置
愛知県小牧市の三宝堂佛檀店です。小牧市,北名古屋市,岩倉市,犬山市を中心に年中安心価格にてご提供させていただきます。
トップページへ                 ●各店ご案内●  =本店= =小牧原店= =工房=
見直されるお仏壇の役割。 一昔前は、どの家庭にもお仏壇がありましたが、最近はお仏壇を安置していない家庭が少なくなっています。  都市化や核家族化が進む現代においては、お仏壇の在る意味というものが、とかく軽視されがちでした。 また、特に都市における住宅事情がお仏壇を置くようなスペースを許さないといったことも、仏壇離れに拍車をかけていました。  地方から都会に出てきた人の家庭などでは、「実家にお仏壇があるから必要はない」とか「身近な家庭で死んだ人がいないから実感がわかない」といった理由で、お仏壇を持つ必要性が感じられないため、持たない人も多いのです。  しかし、これまであまり顧みられなかったお仏壇の役割が、最近ようやく見直されつつあります。 新聞の家庭欄や雑誌などで、お仏壇の役割という場面がしばしば取り上げられるようになりましたが、これは、以前まったくみることのできなかった傾向です。 それでは、なぜ、お仏壇というものが、あらためて注目を集めているのでしょうか。  最大の理由では、かつてわが国では、お仏壇が家族の絆を深めるために大きな役割を果たしてきたということです。
この事実が現代において見直され、お仏壇の役割が再評価されるようになってきたのです。  現代の家庭では、全員が揃うということがなかなか難しくなっています。それが週に一度でも、家族がそろって、お仏壇にお参りすることを習慣にしていれば、全員が一緒に過ごすという貴重な時間をもつことができます。  また、お仏壇にお参りすることで、「自分が今こうして生きているのは仏様のご先祖様のおかげ」であることを自覚でき、それによって感謝の心を育てることができます。  さらに、揃って仏壇にお参りすることができなくても、父親や母親が、毎日のようにお仏壇にお供えをしてお参りをしていれば、子供たちはには自然と仏様やご先祖様への敬いの心が生まれてきます。それは、目上の人への敬いの心を育てることにもつながり、子供の情緒教育においても大変よい影響を及ぼします。
 現代は、家庭が崩壊したことによる様々な社会問題がたくさん起きています。まさに、家庭がどうあるべきなのかが問われています。だからこそ今、お仏壇の役割が見直されています。お仏壇ときっちり向かい合うことが現代の家庭には必要であるとともに、同時に家庭の絆の原点がお仏壇であるといえるでしょう。戦後、わが国は宗教というものを、あるいは信仰というものを軽視する道を歩んできました。お仏壇を持つ家も、こうした道のりの中で、少しずつ減ってきたというのが現実です。しかし最近、お仏壇の価値が再評価されるようになってきました。お仏壇を通してご先祖様をお参りすること、仏様にお祈りをささげることの中に、現代人が忘れかけていた大切なものがたくさん詰まっていることがわかってきました。  最近、宗教に関わる様々な事件が増えています。若い人が、明らかに反社会的であると思われる宗教に入信するケースも多くなってきました。宗教ときちんとした関係を持つことのできない人が増えてきました。
 その原因のひとつに、子供の頃から身近に宗教というものが無かったため、宗教にたいして免疫がないということがあげられます。宗教については、学校でも教えてくれませんし、家庭でも教えてくれません。信仰というものに接する機会は少なく、信仰について一度も真剣に考えることもなく、大人になってしまいます。  かつては、日本人が生まれて初めて出会う信仰が、お仏壇の前で、ご先祖様にお参りし感謝を捧げることでした。両親や祖父母が、お仏壇に手を合わせる姿を見て、子供は「聖なるもの」の存在を感じたのです。家庭で接することのできる、仏様やご先祖様といった「聖なるもの」は、実に身近で、やさしく、あたたかい存在です。難しい理論やきびしい修行というようなものとは、まったく無縁のものです。
 先祖供養の本質は、ご先祖様への感謝であり、亡くなられた方への思いやりです。こうした心が、今後のお子さんの人生にとって大切なことではないでしょうか。こうした素朴な信仰をお仏壇を通して自然と身につけたいものです。  戦後の日本は、非科学的であるとか、時代遅れであるなどといって、こうした先祖供養を捨て去ろうとしてきました。その結果、感謝の思いやりを忘れた人たちが増え、さらには人間を不幸におとしいれるような宗教が、次から次へと現れるようになりました。  われわれの宗教的な心ををはぐくみ、感謝や思いやりの心を育ててきたお仏壇が、現代人にとって大切なものであると考えられるようになったのはここに理由があります。